タウリンサプリ

タウリンサプリがタウリンを摂取するには効率的

肝機能回復に欠かせないタウリンは必須アミノ酸なので体の中では作りだせないため
食べ物でしか摂取する必要があります。


一日に必要とされるタウリンの目安は500mgですが、タウリンを多く含む毎日食べれそうな食品は以下があります。

・牛肉 30mg
・鶏肉 100mg
・牡蛎 1130mg
・タコ 830mg
・イカ 360mg
(100mgあたり)

牛肉だと1日2kg食べる必要があり、鶏むねなら2枚程度(500g)です。
毎日となるとカロリーオーバーになりますね。



・牡蠣 1130mg(牡蠣むき身5個=100g)
牡蠣が一番多くタウリンを含みますが

牡蠣を毎日3個〜5個食べるのは、漁師じゃないと難しいですね。


そこで、脂肪肝予防や肝機能改善
に手軽に摂取できるタウリンサプリメント
を選択する人が増えています。

おすすめの日本製タウリンサプリメント



牡蠣の力α
レバリズム-L
肝パワープラス

お酒に弱くなり二日酔いがつらく疲労が蓄積し一日中だるい方におすすめ

肝臓の数値が気になる方
肝臓が弱り気味で二日酔いが気になる方におすすめ

お酒を飲む機会が多い
慢性的に疲労気味な方に
おすすめ

牡蠣のチカラα
公式サイトはこちら
レバリズムーL
公式サイトはこちら
肝パワープラス
公式サイトはこちら



お酒好きの肝臓にタウリンが効果的な理由

肝臓の働きは摂取した成分のほとんどを分解する場所です。
中でも、酵素の分泌が大量に必要なため、過度の負担が肝臓にかかるのものがアルコールの分解と脂肪の分解です。

酒・肉・揚げ物、特に働き盛りの男性が好む食べ物ですが、すべて肝臓に強く負担をかけます。

そして肝臓に負担がかかりすぎると肝機能の低下や体内に毒素が溜まり脂肪肝・肝硬変・肝臓がんの原因になります。

脂肪肝が気になるあなた、肝臓の負担を少しでも軽くしたいあなた、肝臓の数値が気になっているあなたにおすすめしたいのが肝臓の負担を軽くして肝機能を高める【タウリンの摂取】です。

海乳EX


>>海乳EX公式サイトはこちら<<

海乳EXの原料



海乳1粒に瀬戸内海産カキ(国産)2.5個分を毎日摂取できるのが海乳EXの魅力



海乳EXのお得な定期購入



初回はお試し価格で980円で1か月分が購入できる海乳は、2回目以降からでも1949円と
継続しやすい価格で購入できるのが魅力。

国産の牡蠣を毎日2粒食べるとなると、とてもこの価格では続けることができません。

送料が無料というのもうれしいですね。


海乳EXの解約方法



海乳を発送する10日前の連絡でいつでも契約は解除できるので安心です。





タウリンがどのように肝臓を助けるのか?



タウリンは肝臓の働きを助けるとともに生活習慣病の原因になる
高血圧や脂質異常症のリスクも軽減する働きがあるのです。


広島産牡蠣使用・高濃度タウリン・亜鉛配合【牡蠣のチカラα】


3粒で1日に必要な亜鉛16mgの摂取が可能

牡蠣エキスには肝機能の改善や脂肪肝の予防効果だけでなく
男性なら男性機能のUP
女性なら女性ホルモンのバランスを整え美肌効果も手伝うので期待できます。


お試し1か月分90粒=980円(税込)

>>贅沢亜鉛・タウリン 牡蠣のチカラαの詳細はこちら<<

タウリン・オルニチン・スクワレン配合【レバリズム-L】


肝臓の数値が気になる方に特におすすめ!
タウリンとオルニチンのWの働きで
酒で疲労した肝臓の機能回復に効果的

牡蠣エキスには肝機能の改善や脂肪肝の予防効果だけでなく
オルニチン配合なので二日酔いに苦しんでいる方に


お試し1か月分90粒=980円

>>レバリズム-Lの詳細はこちら<<

広島産牡蠣+長野にんにく+紀州梅のトリプル効果【肝パワーE+】



3粒でタウリン・にんにくパワー・クエン酸・アミノ酸の摂取が可能すべて原料が国産の安心なサプリ

国内の紀州産で程度が良い南高梅がたっぷりの肝パワーEXはアリシンを多く含むニンニクも入っています。
肝機能の改善や脂肪肝の予防効果はもちろん
黒酢の38倍のアミノ酸が配合されているので疲労回復効果が期待できます。


お試し5回分=980円

>>肝パワーEプラス【肝臓サプリメント】<<

タウリンサプリメントの効果

薬と違いタウリンサプリには即効性はありませんが、肝臓の数値が高い人だけでなく中性脂肪やコレステロールが高い人にとってもタウリンを摂取するとメリットがあります。

しかも、タウリンは体の中で貯蓄できる成分なので、日々摂取しても無駄になることなく、ここぞ!という時に働いてくれます。

タウリンサプリメントを肝臓の数値を下げたくて摂取した場合でも血液がサラサラになることで肌荒れ改善・代謝UP、肝臓の使い過ぎによる身体の慢性疲労の減少、生活習慣病の改善など幅広く期待できます。

天然タウリンサプリメントと合成タウリンサプリメントの違い



合成タウリンは、その名の通り化学合成によって人工的につくられたものです。

我が国の厚生労働省では、臭化エチレンと亜硫酸ナトリウムとアンモニアの合成、エチレンイミン「亜硫酸の合成、ニトロエチレンと亜硫酸水素ナトリウムの合成などによってできる物質を医療用のタウリンとして認可しています。

これらは、市販のタウリンサプリメントや滋養強壮のドリンク剤などに使用されています。

一方、天然タウリンは、自然界にあるタウリンを含む食材である魚介類などを濃縮生成して製造されているのが天然タウリンです。

濃縮された自然由来のサプリは合成サプリより割高なのですが、合成タウリンと異なり、タウリン以外の亜鉛やマグネシウムやオルニチンなど魚介類に含まれるその他の有効成分も同時に摂取するできるというメリットがあります。






タウリンサプリメント副作用

まれに合成タウリンの副作用でおなかの不調を訴える人もいるようですが、どちらのタウリンも安全性は保証されています。

自然由来のタウリンの場合は副作用ではなくアレルギーにより症状が現れるケースがあります。

魚貝にアレルギーを発症するおそれのある方は合成タウリンの方が安全でしょう。

タウリンサプリメントはいつ飲む?最適な摂取タイミング



タウリンは薬ではないないので食前・食後・寝る前などの指定はありません。

でも、最も良いタイミングで飲みたいという方は参考までに。

心臓なみに働く肝臓は食後、横になるだけで肝臓の負荷を軽減できます。

これは肝臓が解毒・合成を行うのに必要な血液が肝臓に届きやすくするからです。

ですから、就寝中は血液がたっぷりと肝臓にいきわたるように寝る前にタウリンを摂取すると肝臓の回復に効果的です。

ただ、胃が弱い方は空腹時のタウリン摂取は避けましょう。

おすすめ天然タウリンサプリメント比較


 

牡蠣の力α

レバリズム-L

肝パワープラスE

商品

原料

広島産牡蠣

岡山産牡蠣

広島産牡蠣

原料

マカ・高麗人参

しじみ・スクワレン

にんにく・梅

服用

1日=3粒

1日=3粒

1日=3粒

定期
価格

2,980円

5,980円

8,100円

1日
価格

99円

200円

270円

初回

980円

980円

980円

状況
肝臓が弱っている
酒を飲む機会が多い
肝臓の数値が気になる
二日酔いがキツイ
肝臓が弱っている
疲れがとれない
詳細
牡蠣の力α
詳細はこちら
レバリズムーL
詳細はこちら
肝パワープラス
詳細はこちら

キャンペーン中が安く試せるのでおすすめです。

タウリンサプリメントの口コミ

【牡蛎のチカラの口コミ】

・スタミナの復活を感じた【男性33歳】
・妊活に活用、生理が整ってきた【女性32歳】
・付き合いで飲むお酒がつらくなり飲み始め翌朝も辛くなくなりました【男性44歳】

【レバリズムの口コミ】

・長生きのために飲んでます【男性88歳】
・前日飲んだお酒が辛くなくなりました【男性60歳】
・二日酔いが辛くなくなりました【男性43歳】

【肝パワー】

・疲れにくく体が軽くなった気がする
・お酒大好き肝臓が心配なので肝パワーを辞められません。
・年齢に負けずに仕事がんばれてます。

脂肪肝に効果のあるタウリンサプリメント

脂肪肝は肝臓機能が低下している状態です。
ただ、肝臓は自己再生能力がカバーして脂肪肝レベルでは血液検査での値はそこまで異常値を示しません。

又、体の不具合もなかなか現れないのが肝臓の特徴です。

しかし、脂肪肝になると症状は出ませんが確実に肝臓機能は低下しています。

そんな肝機能の回復にかかせないのがタウリンです。

タウリンには、体内に含まれる細胞膜を正常な状態に戻すための作用が含まれており、血圧やコレステロール、血糖値などが高い場合には正常値まで下げてくれる働きがあるので、生活習慣病の予防や健康な体を維持していくためにはとても大切な成分です。

又、タウリンを摂取していると酵素の働きを助けるので、お酒を飲み過ぎた場合もアルコールが早く分解されます。

二日酔いの症状が出にくくなるだけでなく、肝臓への負担を軽くするので、忘年会などで毎日のように飲む場合や、アルコールを摂取する事が至福のひとときになっているような方でも安心です。

痛風と尿酸値が気になるならタウリン



タウリンを多く含む食品である魚介類(タコ スルメやはまぐり)を多く摂りいれて、充分のビタミンとカロリー計算、塩分に制限を設け和食中心の食事が理想的です。

しかも、家族が痛風ならプリン体にも気を使い、又こどもにはアレルギーを心配しながらいろいろなメニューを作るのは絶対に無理ではないですが、現実的に今の時代厳しいかもしれません。


しかもタウリンが多く含まれている牡蠣を原価が高いのに毎日食べれるか?というと・・・


だから、1日に必要なタウリンの摂取量をきちんと取れるのはタウリンサプリメントではないでしょうか?

脂肪肝に良い凝縮したサプリタウリンを飲み続けることで、予防効果もたかまります。

脂肪肝 予防に効果のあるタウリン

食生活の乱れやアルコールの飲み過ぎによって引き起こる脂肪肝 は、サプリメントを利用すれば予防に繋がります。

しじみなどの貝類に含まれているオルニチンは、肝機能を向上し、肝臓でアンモニアを分解させ毒素を無効化した上で尿素に変える働きを持っています。
なので、しじみは肝臓に非常に良いとされています。

タウリンと併用して摂取したいレシチン



脂肪肝の改善と予防に効果的に作用する物質にはレシチンがあり、肝臓の機能を改善する効果と共に脂肪の代謝を促進でき、肝臓内に脂肪が蓄積するのを防止します。

その他の健康面においても、悪玉コレステロールが血管内に付着するのを防止さらに、血栓を溶かす作用も持っています。

タウリンと合わせて摂取すると効果的に肝臓内に蓄積している中性脂肪を取り除けます。

タウリン以外にも脂肪肝を予防できる肝臓のサプリには、亜鉛サプリやオルニチンを豊富に含むしじみサプリがあります。

タウリンとは?

タウリンは胆嚢から出される胆汁の主な成分となるアミノエチルスルホン酸です。
胆汁の働きとして肝機能を高める作用や消化作用を促す働きがあります。

タウリンには、肝臓にたまった脂肪や毒素を排出してろ過処理機能を増やす作用があります。

さらに脂肪の排泄によりコレステロールが下がります。

又、タウリンにより胆汁の分泌を活発になると、胆汁の主成分であるタウリンの働きには肝臓を守る働きやアルコール分解を早めて肝臓の負担を軽くする働きがあります。

血圧上昇や下降にもかかわるタウリン



タウリンには交感神経を抑制する効果があるので、血圧を下げたり、血圧を正常に保つ働きをします。

肝臓も気にされている方で血圧が高い人はタウリンを積極的に摂ることで高血圧症対策にもなります。

アミノエチルスルホン酸とは?


薬やサプリメントに含まれる成分の一つであるアミノエチルスルホン酸はアミノ酸の一種です。

タウリンには天然タウリンと合成タウリンがありますが、合成タウリンの原料でありいぅ市販されているタウリンドリンクの成分として使われています。

タウリンの効果

タウリンとはアミノ酸の一種で、魚介類・貝類などに多く含まれるものです。

タウリンの効果としては、肝機能・脂肪肝の改善・糖尿病予防・高血圧予防・基礎代謝向上・動悸息切れ改善など様々な健康的な効果が期待されます。

肝臓は毒素を分解する、唯一の臓器なので肝機能が改善すると
毒素、例えば血中の過剰なコレステロールが体外に排出されやすくなります。



タウリンは食べ物で摂取



このように様々な健康的な効果が期待できるタウリンですが、体内では十分な量を合成できないので、食品など外から摂取していく必要性があります。

食品で摂取するならタウリンの栄養価をを多く含む新鮮な食品(魚介類・貝類・軟体動物)が良いです。

又、効率よく摂取するのであれば健康食品やサプリメントで摂るという手もあります。

サプリならタウリンに副作用がないため安心して服用できます。

二日酔いも楽にするタウリン

お酒を飲んだ翌日の朝、普段と変わらない朝を迎えることができますか?
お酒を飲むとどうしても疲労が溜まっているとか、疲れがとれてない感じになりませんか?

それはもしかしたら、体が疲れているというよりは肝臓が疲れているのが原因かもしれません。

肝臓は飲酒で体内に入ってきたアルコールをあなたが寝ている間もアルコールを分解して解毒する作業を行って働き続けていたからです。
特にアルコールの分解には肝臓への負担がかかる作業と言われ、疲労困憊した肝臓の訴えが朝の寝起きのダルさにつながっている可能性があります。

悪酔い予防にタウリン豊富なつまみ




お酒を飲む時の料理やおつまみに工夫をすると翌朝楽になるかもしれません。

例えばタウリンの豊富なスルメイカが原料のあたりめや蛸やホタテやエビの刺身を食べるようにします。
また、揚げ物ではなく、野菜を食べることで吸収分解肝臓の負担を軽くしましょう。
最後のしめであさりの味噌汁を飲むのもいいですね、ただ飲酒は腎臓にも負担がかかっている状態なので減塩タイプをおすすめします。

そこで、肝臓の解毒作用を高める働きがあるタウリンを飲み会の前に飲んでおくと肝臓の解毒作業を補助する働きのあるタウリンのおかげで二日酔いが軽く済み飲酒の疲労感が減退するので朝起きた時の体の調子が違うって実感できる人も多いみたいです

血圧を下げる効果のあるタウリン

タウリンは、
カキやシジミに多く含まれるミネラル成分で、これまでに行われていた研究から血圧の上昇を抑えて血管が切れる脳卒中を予防したり、血液をサラサラにして血液循環を促進し新陳代謝を活発にしてくれると分かってきました。

また、人間が持っているホメオスタシスという生命活動を維持する効果があります。

私たちのからだは緊張すると、交感神経がはたらくので血圧が上昇するようになっています。

これは、交感神経が作用した時にノルアドレナリンが分泌され血液が収縮するため起こる現象です。

しかし、タウリンにはノンアドレナリンの分泌を抑える作用があるので、血管の収縮を押さえて血圧を正常に戻せるわけです。


タウリンで胆汁酸を増して血圧上昇を抑制




タウリンには胆汁酸の分泌を増加させるはたらきがあります。
胆汁酸にはコレステロールを捨てる作用があるため、動脈硬化を予防し、結果的に血圧の上昇を抑え心機能低下を防ぎます。

一連の作用は、むくみ解消にもなり
さらにタウリンには傷んだ髪を修復する効果も、女性でもタウリンは必要な成分ですね。

中性脂肪やコレステロールを下げる効果のあるタウリン

タウリンには、肝臓の悪い人にだけでなく血液中の悪玉コレステロールを低下させて血液をサラサラにしてくれる効果があるといわれています。

これは、タウリンに胆汁の分泌を促進する作用があることに関係しています。

実は、胆汁をつくる胆汁酸を作れるにはコレステロールが不可欠となります。

タウリンには胆汁酸と結合する性質があるため、タウリンを多く摂取すと、それに伴って胆汁酸も多く作り出す仕組みなので、コレステロールを多く必要として血液中のコレステロールは減少します。

通常、コレステロールは胆汁酸を通じて以外は体外に排出されないため、肝機能を高めながら胆汁酸の働きを活性化させるのが、ldlコレステロール値を下げるために大変効果的な方法だと考えられます。

血液ドロドロ血流が悪くなるリスクをタウリンで回避



コレステロールが過剰供給になるとドロドロの血液となり、動脈硬化をもたらし脳梗塞、心筋梗塞のリスクが上がります。

コレステロール値を低下させるにあたって、食事制限でkcalを抑えるのは効果的ですが、なかなか難しいものです。
タウリンを積極的に摂取して余剰な脂肪を追い出すことでコレステロール値を下げる方法であれば、比較的簡単に取り組みやすそうですね。

肝臓機能は、肝臓だけではなく、さまざまな臓器の劣化が連動してしまう、重要な部分だからこそ、他の臓器より元気であれば、連動して他の臓器も元気になるんです。

タウリン+納豆との組み合わせで血液サラサラ



タウリンには血中のコレステロールを消費する作用があるので、タウリンと一緒に納豆に含まれるイソフラボンを摂取すると、イソフラボンにより血液がサラサラになるため血管を若返らせます。

さらに納豆にはナットウキナーゼという血栓を溶かす作用があるのでイソフラボン食品の豆乳や豆腐よりオススメです。

血糖値を下げる効果のあるタウリン

私たちの身近なものとしては、タウリン配合の栄養ドリンクに含まれているので、滋養強壮に効果があるようなイメージがありますが、実は血糖値を下げる効果もあると知っているでしょうか?

タウリンは、インスリンと同じように血糖値を下げる効果があるため、インスリンのはたらきが低下している糖尿病の患者さんたちの血糖値のコントロールに効果的を示すといわれています。

日頃より血糖値が機になる人はタウリンを豊富に含む食材やサプリメント、栄養ドリンクなどを積極的に取り入れながら血糖値をコントロールできる環境を整えるようにしましょう。

糖尿病と目の病気網膜症や白内障



私たちのからだの中で血糖値が上昇した際に活躍するのがインスリンというホルモンの一種です。
糖尿病はこのインスリンが十分に働かず血糖値が上昇してしまいます。

そんな糖尿病の合併症で怖いのが網膜症や白内障による失明です。

タウリンには網膜症や白内障の発症を抑制し進行を抑える働きがあります。

無糖タイプがおすすめ栄養ドリンクに注意


栄養ドリンクそのものに糖分が含まれているものがあります。

一時期問題になった、塾など遅くまで勉強する子供がコーラのようにタウリン配合のリポビタンDを頻繁に飲み小児糖尿病のケースです。


血糖値を下げるために飲んでいるタウリン配合の栄養ドリンクが実は砂糖水では、本末転倒です。


最近では、女子向けにカロリー0糖分を減らすタウリンドリンクが多く販売されるようにな人気です。

ロート製薬の子供の飲み物セノビック


子供の栄養ドリンクや子供用の成長サプリが販売されるようになりました。

特に子供の身長を伸ばすと評判のロート製薬のセノビックは有名です。

ただ、このような栄養ドリンクはタウリンドリンクと同様に飲みやすいように甘いのが特徴です。

飲みすぎは糖分のとり過ぎにつながりますので注意しましょう。

煙草の弊害をタウリンで抑制

煙草は毒で生命をおびやかす嗜好品だとわかっていても、ニコチンの依存性により、辞められません。

そんなたばこの毒がもたらす健康被害の中の一つが血管の劣化です。

一服する度に血管の収拾が急激に起こり、血管劣化をもたらします。
そのため、煙草の毒物で血管の内皮細胞の修復が悪くなり、弱った血管を修復するのに時間がかかり、非喫煙者より喫煙者の方が血管の劣化が早くなるのです。

ですから、どうしても煙草を欲しい人にこそ、タウリンを摂取して煙草のリスクを回避するのはどうでしょうか?

それは、タウリンがもたらす内皮細胞の修復効果が煙草で痛めた血管の劣化を穏やかにするからです。
また、煙草による血管の収縮は血圧上昇をもたらすのですが、タウリンには交感神経を穏やかにする効果があるため、急激な血圧の上昇を抑えようとする働きもあります。


毎日たまるタウリンで健康維持



24時間で体内に溜め込むことができない成分もありますが、うれしいことにタウリンは細胞に蓄積されます
ですから、日々タウリンを摂取していると、イザッ!という時にタウリンが活躍してくれるので、普段からタウリンを豊富に摂取すればするほど、健康へのリスクを回避できるのです。

最近の研究で、長寿の方の特徴が血管が若いというデーターが出ています。
逆に血管の老化は短命と言えるでしょう。
煙草は短命へ導きますが、タウリンを摂取すれば、血管劣化を少しでも止め死ぬ確率を下げるため、頑張るのは良いでしょう。

筋肉増強の効果もあるタウリン

筋肉質なボディを手に入れるために、必要な栄養素といえばプロテインやクレアチンを思い浮かべる人も多いでしょうが、タウリンもまた筋トレに貢献している栄養素のひとつだということをご存知でしょうか?

プロテインなどが筋トレに効果的であるというのは、筋肉の原料となっているたんぱく質を効果的に摂取するためですが、たんぱく質を再合成するのは肝臓で行われています。

つまり、肝臓の機能が十分に行えていなければ、筋トレを行っても効果を得難いというわけです。

そこで、肝細胞の再生を促したり、コレステロールを排除する胆汁酸の分泌を助けるタウリンを摂取する必要があるのです。

又筋肉というと、筋力だけをイメージしますが、心臓は筋肉の塊です。
タウリンを摂取することは心臓機能の強化にもつながります。

また、タウリンには適切な時間に摂取すると効率的に筋肉を肥大させたり、体脂肪を燃焼させる効果もあります。
さらには疲労回復効果や筋持久力のアップなどの効果もあるため、継続的に筋トレを行って筋力アップを目指す人にはタウリンは積極的に摂取してもらいたい栄養素だといえるでしょう。

タウリンとてんかん

タウリンを摂取することにより、てんかん症状が緩和するという論文が1986年に書かれています。

これは、脳脊髄液のGAMB濃度が薄くなっていることから、抑制性の神経伝達物質(興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする)
が足りないことがてんかんに影響しているといわれているからです。

ですから神経興奮抑制作用がタウリンにあるためタウリンはてんかん症に効果的と言われている所以です。

上記は人間の脳での検証ですが、この結果からてんかん症の犬や猫への投与をすすめる動物病院の先生もいます。

うつとタウリンでやる気UP



うつの症状を改善する働きはタウリンにはありません。

しかし、うつを発症する時、疲労が溜まった場合や睡眠がしっかりとれないなど、体が弱っている時におきやすい傾向があります。

よって、滋養強壮効果のあるタウリンを摂取することでうつを発症させないよう疲労回復やる気UPアイテムとしてタウリンを利用する場合はあります。

薬の飲みすぎは肝機能低下の原因に

具合が悪いときには薬を飲むという方はほとんどだと思いますが、頻繁に飲みすぎは「薬剤性肝障害」という肝機能が低下する症状が出るケースがありますが、この薬剤性肝障害というのは主に薬の副作用が原因で肝機能が低下してしまいます。

また、肝臓というのは幹細胞で食べ物を分解したり解毒したり、胆汁の生成をしたりする役割がありますが、薬をたくさん飲みすぎてしまうと、薬の成分を分解する肝臓に薬を分解した代謝産物が肝臓にたまってしまうために、副作用として肝機能障害を起こしてしまう場合があります。

では肝臓の機能が低下すると、どのような症状が出てしまうのかというと、最初は発熱やだるさ、発疹、吐き気おう吐などがあげられ、ひどくなると黄疸が出たりもします。さらにひどくなると出血が起こりやすくなってしまったり、静脈瘤が出てしまったり、意識を失うなどもあったりします。

最初の症状はだるさや熱などなので風邪なのかもと思い風邪薬をさらに飲み、さらに肝機能低下が進んでしまうといった悪循環が起きてしまいます。

ですから、コレステロールを下げるため血圧を下げるために薬を飲むと肝臓の機能を下げてしまいます。

だったら、タウリンにはコレステロールを下げる効果も血圧を下げる効果も期待できるのですから、薬に頼らずタウリンサプリで生活習慣病を改善すると薬を飲まずにすみ、結果的に肝臓の機能を低下させずそれ、どころか結果的に肝臓を強化できるのがタウリンサプリの魅力です。

タウリンサプリの通販ショップならお試しが購入できる

ネット通販だと価格比較、安い、割引などのワードを交えて検索をかけることで、どのショップなら安くベストなサプリが買えるかが調べられるメリットがあります。

また配合成分や、外形、風味などを口コミで調べることもできます。

さらに、通販ショップ最大のメリットが初回はお試し価格で設定されている場合が多いことです。

サプリメントを飲みなれていない、錠剤やカプセルを飲んだ時の感触を気にする人もいます。


特に天然タウリンを使用したタウリンサプリは臭いや味が気になるという人も多いようです。

毎日使い続けるサプリメントを購入する以上は、抵抗なく飲むことができるサプリメントを探せる、トライアルサプリは上手に利用しましょう。

海外製nowナウフーズのタウリンサプリメント



低価格で購入できるnowのタウリンサプリメントは海外からの個人輸入やアマゾンの並行輸入を使って購入することができます。

保険制度がないアメリカでは日本よりサプリメントに健康維持を依存している部分が多く市場も熱いです。

よって、良いものが安く購入できるメリットはあります。

しかし、アメリカ製は日本では使用を規制されている成分を使われているいる場合があり注意が必要です。


オオサカ堂のアイハーブ・のタウリンサプリメント



アメリカはサプリメント先進国は過食気味で偏食の人も多く、大勢の人が日常的にサプリメントを使っています。

粉末のタウリンサプリやタウリン散だけでも何十種類もあります。

アイハーブを扱うオオサカ堂のなど海外からの個人輸入などの方法でアメリカのサプリメントを入手することは一見難しそうに思えますが、taurinn・taurineと記載されていれば意味もタウリンサプリと判断でき、結構あっさりと海外のタウリンサプリメントも個人輸入もできるものです。


日本製タウリンサプリメントのメリット



アメリカサプリメント市場では企業各社の競争も激しく、質の低いタウリンサプリメントはあっという間にマーケットで見なくなるので、中途半端な劣化品では、売ることができないため、ミリグラム単価にしてもお安い上に質のいいサプリメントが多く流通しています。

だからタウリンサプリを日本製ではなく外国製を個人輸入や並行輸入で購入するという方も増えています。

確かにタウリンだけの成分が欲しいのであれば、海外製の方がお得かもしれません。

しかし、日本製の天然タウリンで得られる、その他の成分(亜鉛・オルニチン・ミネラル)は摂取できません。

栄養は単一で摂取するよりも複合で摂取することで相乗効果をもたらす場合もありますのでタウリンだけを摂取することが体にとってベストだとは限りません。

amazonアマゾンのタウリンサプリメント





アマゾンでもタウリンサプリメントは数多く扱われています。

タウリンサプリメントで検索すると556件も検索にヒットしました。


市販されているタウリンサプリメント

シスチンやグリコーゲンを友人にすすめられてタウリンサプリを飲み始めたという方も多いのでは?

タウリンサプリがメジャーになったこともあり、ちょっと飲みたいなと思った時にタウリンドリンク、サプリがドラッグストアーやコンビニで手軽に購入できるようになりました。

病院で出してもらう薬と違い、サプリはどれを使うべきか自分で選択した上で、ショップで購入することができます。

特に食品から抽出したタウリンサプリだと含まれている成分が同じようなサプリでも、どんな成分が何mg又は何ml含まれているかが違っていたり、味や香りが違います。

サプリを買う時には、複数のサプリを比較して判断をするといいでしょう。

dhcはタウリンサプリメントを扱っている?



大手サプリメント会社DHCも多数のサプリメントを扱う中、dhcはタウリンサプリは販売していません。。

疲れた時だけ手軽に飲めるタウリンドリンクを飲む一方でDHCの比較的な安価なタウリンサプリを日々飲み続けたいところですが、DHCにこだわるのであれば肝臓エキスを購入すると良いでしょう

ネイチャーメイドシリーズにタウリンサプリメントはある?



香料、着色料、保存料無添加のサプリメントとして大塚製薬から販売されているネイチャーメイドサプリメントはコンビニやドラッグストアでよく見かけます。

ビタミン・ミネラルなど多数の商品を扱っているシリーズですが、タウリンに特化した成分は今のところ扱っていないようです。


大手メーカーわかさ生活のわかさの秘密



サプリメント通販会社大手のわかさ生活ではタウリンに特化したサプリは現在販売されていません。

しかし、わかさ生活が運営するわかさの秘密の中でタウリンは紹介されています。

タウリンの健康への効果からわかさ生活が販売するアスタキサンチンサプリメントにタウリンの配合が決定したようです。

薬局で購入できるタウリンサプリ

薬局でタウリンサプリ買う優位性は、薬剤師に直接、商品について思いつく不安を聞くことができるところです。

妊娠中や授乳中、すでに胆石など肝臓を患っているという場合、双極性のうつで薬を服用中、欠乏症などの持病がある時は自己判断でなく店舗に常駐する薬剤師に相談してから購入を決めると安心です。

又、ドラッグストアで購入する場合、以下ような失敗はおきにくくなります。

アラニンという二日酔い防止効果のある物質です。
但し、アラニンはαとβがあるのですが、βーアラニンはタウリンを排出させます。
つまり、二日酔い防止効果があるのはαアラニンです。


胃が弱い人は注意!



タウリンサプリメントと言えどタウリンを過剰に摂取しても排出されるだけですし、下痢などを起こす方もいます。
胃腸が弱い方は、タウリン摂取の時に牛乳で飲むとトラブルを起こしにくくなるのでおすすめです。

過剰なタウリン摂取をしても尿として排出されてしまい採り入れるだけ無駄なので適量を心がけてください

タウリンドリンクとドラッグストア

タウリンドリンクはファイト一発!から愛情一本!あんたがたタフマン!など名CMを排出していますが、栄養ドリンクとひとくくりに思いがちです。

各メーカーで配合内容が異なります。

大正製薬のリポビタンD



大正製薬のリポビタンDなどはタウリン1000mg配合飲料として昔から店頭で販売されていましたが、今で多くのタウリン関連の商品がドラッグストアで販売されています。

他にもユンケル・ゼナなど、最近の売り場では、女性用にギムネマを配合して痩せる効き目をプラスしたものや有名企業ではない例えばビタロークなどのタウリンドリンクも2000mg・3000mg・4000mg・5000mgなど高濃度な商品も企業努力で販売されるようになりました。

チオビタドリンクとリポビタン



チオビタ・リポビタン共にCM効果により知名度が高いタウリンドリンクです。

愛情1本でおなじみのチオビタドリンクですが、女性も飲めますが、女性への訴求が少な目のタウリンドリンクです。

その点、リポビタンはリポビタンファインを出すなど糖分カットと女性に好まれる味を訴求しており高い支持があります。

ユンケル医薬品



他のタウリンドリンクよりも高めというイメージが高いユンケルは生薬が配合されています。

よって、タウリンドリンクというよりはタウリンもその一部であるためタウリン配合ドリンクというイメージがあります。

ユンケルも女性向けのドリンクを販売し始めました。
栄養ドリンク市場の半分は女性ユーザーと言われる時代を表していますね。

大塚製薬のオロナミンC



CMで見た生卵のオロナミンC割を飲んでみたくて親にオロナミンC買って〜おねだりしたことがあります。

そんな発売歴が長い栄養ドリンクのオロナミンCですが、タウリンは配合されてませんのでご注意を!


とりすぎ注意!モンスターエナジードリンク(モンエナ)やレッドブルはカフェインドリンク



モンスターやレッドブルでおなじみのエナジードリンクが手軽なパワーチャージドリンクとして人気ですが、こちらはカフェイン含有がメインでタウニンは無配合です。

ただ、処方は医薬品ではないのですが、カフェインによる神経の覚醒・興奮作用やたまらない、ほしい、となる中毒性が気になりますね・・


又、睡眠前のタイミングで飲むのは深い眠りにつけなくなる可能性も。。。
これが重い睡眠障害のきっけかになるかもしれません。

カフェインを致死量飲んだ青年が死亡するケースもあるので飲みすぎには注意ですね。

タウリンの効能はウソという口コミもあるが・・

肝脂肪に良いというタウリンの効き目を医者の中にも疑問視する声がありプラセボ効果だボッタクリだという方もいます。

ただ、某大学の研究でM9培地を用いて、大腸菌の増殖がタウリンにより増殖を抑制できたため、タウリンには滋養強壮の効くとしています。

いくらごまかすような言い回しをされても結果的にダメージのあった肝臓が元気に戻ることが脂肪肝に効くということにもつながります。


肝臓エキスとタウリンのサプリメントの違い

肝臓エキスとタウリンサプリは原料が異なります。
肝臓エキスは、肝臓そのものを加水分解したもので、牛や豚の肝臓をのエキスをそのまま使用しています。

ですからその中身は、タウリンが豊富というよりはアミノ酸が豊富と言えます。

肝機能強化ドリンクとして有名なリポビタンDがタウリンを系であれば、ヘパリーゼは肝臓エキス系という事になります。

では、どちらが脂肪肝に効くサプリか?肝臓に効くサプリメントか?というと働きが異なるので難しい所です。


タウリンを含む食品には魚介類が多く、肝臓エキスは哺乳類が使用されているという原料の違いが一番大きいでしょう。

ただ、肝炎などの肝臓病と鉄分の補給には注意が必要ですから、肝臓エキスを飲む際には注意しましょう。



ですから、働きも異なり、天然のタウリンサプリだと
しじみエキスが配合されているのでオルニチン効果脂肪肝に期待できます。

ただ、膵臓にもタウリンや亜鉛が良いとされているので、脂肪肝改善をしながら膵臓強化にもなるタウリンの方がどうせ飲むならお得かもしれません。

又、タウリンには運動能力の低下の改善や視力回復の効果も期待されています。

また、最近は男性更年期があることがわかってきましたので、交感神経を抑える働きのあるタウリンは、自律神経の不調を整える働き、中年男性にはうれしい働きがたくさんあるようです。


タウリンサプリの更年期改善効果

更年期自体は病気です。
女性ホルモンの分泌バランスが乱れて心身のさまざまな症状があらわれるようになります。

特に初期症状として感じやすいものに倦怠感があります。これは、脳が女性ホルモンのひとつエストロゲンの分泌を命令しているのに、卵巣に分泌能力がなく、からだや脳が混乱してしまっていることが原因のひとつとして考えられます。

そんな時に女性がタウリンサプリを摂入れることによって、疲労回復を図ることができます。

また、これまでエストロゲンが果たしてくれていたコレステロール値のコントロールができなくなり、更年期に入ると脂質異常を指摘されることがあります。

タウリンには血液中にある余分なコレステロールをからだの外に排出するはたらきがあるため、脂質異常を改善する効果があります。

また、これまで同様の食生活を続けることで肝臓に中性脂肪を溜めるのが脂肪肝を引き起こす原因を取り除いたり、肝細胞を速やかに再生して肝臓の負担を軽減することができます。




疲労は美肌の敵!だからタウリンサプリは効果的

肉体的、精神的な疲労はからだのあらゆる機能をダウンさせてしまう原因となります。

特に肌への影響は疲労やストレスと大きな関係があり、それを感じることによって新たなストレスを生むというのは、誰にも経験のあることではないでしょうか?

からだの中に疲労が蓄積してしまうことは肝臓のはたらきと密接な関係があります。

肝臓はからだの中にある有害物質を解毒して排出するはたらきを担っている機関であり、有害物質がからだの中に溜まると肌荒れやニキビの原因となってしまいます。

つまり、肝臓がうまく機能していなければ肌トラブルが起こるリスクは高くなってしまいます。

そこで取り入れたいのがタウリンです。
タウリンは肝臓のはたらきをサポートし、正常に機能させるために不可欠な成分です。

特に近年は女性の社会進出のためストレスによる肌荒れを起こす女性も増えていることからタウリンサプリを飲むことは肌の外部の為にも健康のためにも有効な手段と注目されてます。

タウリンでむくみ解消



肝機能の低下は老廃物や水分の排出が上手にできずむくみをもたらす原因になります。

タウリンの血行促進効果と肝機能を回復することで浮腫を改善します。

血行促進は美容に必要な成分を体中に運ぶことにつながることも美容のためにタウリンを飲む女性の理由のようです。

利尿作用


タウリンには利尿作用はないため強制的な排尿により水分を排出する作用ありません。

しかし、血行促進効果や肝機能向上効果が結果的にむくみ解消につながる場合もあります。

ラシックスなどによる利尿剤に比べると体に優しい作用と言えます。


便秘やおならも肝臓に負荷

便秘になるとガスが腸内にたまる時間が長くなります。

有毒ガスが腸から吸収され血液で運ばれ肝臓で分解されます。

肝硬変末期になると、便秘さえも命取りになります。

もし、おならが以前より臭くなった場合は肝機能低下のサインの場合があります。

タウリン豊富な食事

旨味成分たっぷりの料理はタウリンを多く含む食品を使用



食材がダシになるわかめ・ホタテ、スルメの表面に浮いている白い粉、これらすべてうまみ成分です。

そして、このように旨み成分が多い食材にはタウリンが多く含まれている食材の傾向があります。


わかめ+しじみの味噌汁



わかめのだしを使って作る味噌汁で肝臓に優しと言えばしじみの味噌汁

特にお酒を飲んだ翌朝のしじみの味噌汁は肝臓にしみるーなんて表現する人もいるくらいです。

しじみにはオルニチンも豊富に含まれているので、オルニチンサイクルがアルコールの毒素を排出してくれるので二日酔いになりにくくしてくれます。


最強タウリンレシピはエビ・イカ・タコ・ホタテのオイスターソース炒め



オイスターソースは牡蛎油ですので、まさにタウリンソース

エビ・イカ・ホタテ・タコもタウリンがたっぷり入った魚介類

まさにタウリンの塊のような炒め物ですね。

居酒屋でメニューにあればお酒のおつまみとして注文したいものです。


ムール貝とホタルイカとえびのパスタ



海鮮パスタの良いところは具材からしっかり旨みがでてくれるところ

だから、にんにく、オリーブオイル、塩、コショウ、海鮮素材、ネギ又はパセリさえあれば

美味しいパスタソースが完成です。


今日はワインが飲みたいなーなんて思った日は海鮮パスタで肝臓を労わりながらも美味しくお酒が飲めるのがうれしいですね。



作り方は簡単だけどタウリン豊富なスルメ(するめ)のつまみ



ちょっとお酒のおつまみが欲しいなーという時に食べたいのがスルメ

焼いたスルメにマヨネーズ+唐辛子またはマヨネーズ+わさびのソースを少しつけるだけで美味しいおつまみのできあがり

タウリン豊富なスルメはお酒お供に最高です。


お酒で肝臓をいじめた晩御飯ならまぐろ丼



マグロの刺身にはタウリンが豊富に入ってます。

そんなマグロを醤油ダシに半日漬けこんで、マグロ丼にしていただくと肝臓に優しい晩御飯になりますね。

これに貝汁をつけたら最高のタウリン飯ですよ。

身近なところでは、するめ(干しイカ)の表面の白い粉状のものが私たちが直接目にできるタウリンなのではないでしょうか?

これらの天然タウリンは、プレミアムオイスターのように食品のうまみをだす添加物としても使用されています。



姉妹サイトはこちら

 

サイトマップ